「あなたは大丈夫!?」卵子老化について学ぶブログ。

 

女性が積極的に社会進出してキャリアアップを目指すことができるようになったいま、仕事や趣味などに没頭しているうちに、妊娠、出産の適齢期が過ぎてしまった・・・、という人が増えています。
がんばって、努力して着実に夢をかなえてきた女性たちにとって、20代後半から30代はあっという間になります。
ふと気づいた時にはアラフォーだった・・・、という声もよく耳にします。しかし、そんな彼女たちは本当にパワフルで元気です。
見た目もわかわかしく輝いて見えます。
当然、結婚しても仕事はしばらく続けて、新婚生活を満喫してから赤ちゃんを!と考えたり、芸能人や人気モデルが幸せな出産をしたニュースに触れてまだ大丈夫!と安心したりしてしまうのも、無理がないこともしれません。
そんな現代女性の妊娠、出産に対する楽観的な意識に警鐘を鳴らしたのが、2012年に放送されたNHKのスペシャル番組の「生みたいのに産めない〜卵子老化の衝撃〜」という番組でした。
そこで紹介さえていたのは、全国の不妊治療クリニックに訪れる30代〜40代の女性たちが健康なのに妊娠の可能性が低いと告げられる現実・・・。
この番組をきっかけに卵子の老化が注目されてさまざまなメディアで取り上げられるようになっていきました。
番組を見た視聴者からの反響は大変大きかったそうです。妊娠・出産は努力だけでは思い通りにならないことが多くの女性に衝撃を与えたのです。

 

私の知人で不妊治療を行うクリニックを経営してる方がいるのですが、患者さんの約8割が30代〜40代だそうです。
「子供はすぐに授かるものと思っていたのに、1年経っても2年経ってもなかなか妊娠しない・・・。」という女性たちがほとんどだと言います。
厳しい言葉に聞こえるかもしれませんが、こう言っていました。
どんなに見た目が若く体力的にも自信があっても、自然に妊娠できる年齢の限界は昔からまったく変わっていません。妊娠の適齢期は20代になります。と。
そこで産みたいと思ったときに妊娠できない・・・、という女性を少しでも減らしたいという思いもあります。

 

卵巣にも年齢があって、それにはかなり個人差があります。卵巣年齢が若いと妊娠しやすくて、40歳近くなっても妊娠できる可能性は高まりますが、逆に卵巣年齢が高いと妊娠しにくく、たとえ20代でも妊娠率は低下します。
さらに不妊治療をおこなったとしても排卵誘発剤などの薬剤や注射に対する反応が悪く、成功率が下がってしまうこともいなめません。
また、若くして閉経してしまう早発閉経となってしまう方もいます。

 

卵巣年齢の老化、すなわち卵子の老化は、誰にでも起こる現実であって残念ながら一度衰えた卵子はもう二度と若返ることはありません。
ただし、老化のスピードを少しだけ遅らせることはできます。

 

卵子の老化を遅らせるための方法と聞きますと、少し構えてしまう人もいるかもしれませんが、その内容は、アンチエイジングの考え方と共通する部分が多くて、ずっとキレイでいたい!若々しくありたい!と願う女性なら、日ごろから心がけていたいものばかりです。
まずは卵子老化の原因となる因子をより詳しく知って、生活習慣や身の回りの環境を見直すことです。

 

このブログでは、妊娠しやすい体を目指す人におすすめする運動や食事なども紹介していきたいと思いますので、ぜひご参考にしてくださいませ。
そして限りある卵子の存在を意識しながら、健やかな妊娠・出産に向けてのライフスタイルへとなるきっかけにしてほしいと思います。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ